自分に暗示をかけて習慣化する。「やりたくない」「めんどくさい」ことを「当たり前の事」に変えていく

f:id:kitaku6741:20160719222028j:plain

 

 

一般的に、

 

それぞれ個人には叶えたい夢、実現したいこと

必ずと言っていいほどあります。

 

 

もちろん私にもあります。

・嫁と全国に車(キャンピングカー)で周りたい

・両親を海外旅行もしくは国内旅行に連れていきたい

・音楽スタジオを建てたい

・バンドを組んで一生音楽を楽しみたい。

 

 

「やりたいことは知識、経験で見つかる」

というように、私は人生楽しむことに対して経験不足なので

これくらいしか思いつきません。

 

やってみないとやりたいことは見つかりません。

知らないとやりたいことは見つかりません。

 

 

だけど、少なからず願望を持っている人はいるのだけれど、

95%の人はやりたいことを実現できないのです。

 

理由は

「時間がない」「お金がない」「めんどくさい」「自分にはできない」

 

これが定番でしょう。

自分が勝手に作り出す幻想と言える壁です。

自分で勝手にメンタルブロックを作り出します。

 

 

私の最大の敵、課題は

 

「めんどくさい」という壁です。

 

目先の願望→ゆっくりしたい、楽をしたい、すぐに結果を出したい

 

その思考が今までに出してきた結果です。

結果とは、「何も変わらない」「現状維持」という結果です。

 

 

なので私は今、実際に自分に対して嘘をついているというか

無理やり暗示をかけて、立ちはだかる壁をぶちこわそうとしています。

 

めんどくさい

めんどくさいことをやりたいほど自分を変えたいからやっている

 

 

これを何回も自分に暗示をかけることで、

 

「めんどくさいこと」から「当たり前にやっていること」にシフトできるからです。

 

「自分の常識・考え方」→習慣化する→継続する

→夢が実現する

 

このサイクルで暗示をかけていくしかありません。

 

最初は、ブログを書くことすらめんどくさい自分だったけど、少しずつ

書いていくことが当たり前になってきている気がします。

 

自分に暗示をかけて、

 

「めんどくさいことはやりたくない」

「めんどくさいことを一生やりたくないからめんどくさいことをやっている」

 

自分にはこれしか思いつかなかったですが、自分が変わればそれでいいと思っています。

 

人に影響やきっかけを与えるのは、他人だったり、環境だったりするのだけれども、

 

自分が変わらない限り、

100%自分がやりたいことって叶わない

 

ようになっているのです。

 

私もそうでしたけど

夢が叶わないのは、他人や環境のせいにしてた時期があったけど、

今の目の前の出来事は全部、自分が選択しているってことなんですね。

 

自分がやっていることは全て、後になって自分に返ってきます。

 

分からないのは当たり前です。

分からないから怖いのは当たり前です。

 

 

分からないもの、怖いものを経験して乗り越えるからこそ

とんでもない結果を生み出すというのが少しずつ分かった気がします。

 

 

自分が本当に実現したいこと、何かを決断したとき、

 

周りの人が離れていったときがチャンス

 

だと思っています。

 

 

なぜなら、

周りが違和感を感じるということは、自分が変わろうとしている証だからです。

 

「ピンチだけがチャンス」

 

私はこの言葉がとても好きです。

なぜなら身をもって経験したからです。

 

だけど、私が経験したピンチなんぞ、まだまだ大した事ないと思っています。

上には上がいます。

 

自分の可能性を試して、自分が今まで見たことがない景色を見て

自分の世界観を築いていきたいですね。

 

 

広告を非表示にする