スポンサーリンク

「知っている」と「やっている」は全く違うし、積み重ねによって人生は「天と地」くらい差がついてくる

 

 

f:id:kitaku6741:20160723075458j:plain

 

夜も遅かったから、ハンバーグだけしようかと思ったけど、

食べたいときに食べたい!症候群に・・

ハンバーグに、チキン南蛮、さらにご飯大盛プラスのお替りを頼むという・・

 

ヘルシーな妻に、不健康な夫(^^;)

 

まあ食べることが幸せなので仕方ありませんが・・

 

 

 

 

 

 

 

さて、私も個人でビジネスをしていて思うことが多々あります。

 

 

それは、「知っている」ということと「やっている」ということは全く違うということです。

 

 

例えば、ある専門に対して、死ぬほど詳しいオタクがいたとします。

 

・健康

・心理学

・経済

・政治

・教育

 

分野は何でもいいです。

 

 

その知識をやたらとひけらかす人がたまにいますが、

いかにも「知っているアピール」が半端ないのです。

 

 

そして、自分も含め周りはポカーンとしている様子。

そして全くが興味がないという事。

 

 

私からすれば、その知識をもっと世の中の人のために「発信」し

、周りにとって有益となる情報を提供するという「行動」に移せばいいのに

 

 

と個人的に思ったりするのです。

 

 

ただ知っているだけではなく、実際にWEBなどを使って、

発信するという「行動」が自分の人生や今後の流れに大きく影響してくる

という可能性があります。

 

 

その人にとっては最大の武器になりますよね(^^)

 

 

この例えだってそうです。

 

A,Bさんがいたとします。

 

A「私、○○健康法について、セミナーとかコンサルティングやってるんです」

B「あー、私、○○健康法知ってますー。××だから、▽▽で○○なんですよねー」

 

 

Aさんに対抗すべく、Bさんはやたらと知識をひけらかします。

 

 

 

AさんとBさんの大きな違いは、セミナーやコンサルティングという「行動」を

「やっているか」「やってないか」だけなのです。

 

 

Bさんの方が知識あったとしても、Aさんの方が間違いなく今後の人生に

結果が見えてきますよね。

 

 

知識は、正直、行動ほど重視する必要ないというのが私の見解です。

 

 

 

 

私も過去にいくつか行動しなかった例がいくつかあります。

やらなかった理由は、いろいろな言い訳を用意をしていますが。

 

 

ただ、大きな理由としては

 

 

「ただ、やりたくなかった」

 

 

のだと思います。

 

 

正直、つまんないし、継続しててもただストレスになるから

継続しなかったのです。ワクワクなど一切しなかったからです。

 

 

人は誰だって何かで成功したいという願望がありますけど、

自分のコンテンツや武器がつまんなかったら継続しないでしょう?

 

 

先ほど、健康の例を挙げましたが、それだけ健康について話せるのは、

本当に自分が好きで、自然に話せるのだからそれはそれで素晴らしいと思うし、

人のお役に立てると思うのです。そして好きだから、発信を継続できる。

これほど幸せはないと思います。

 

 

世の中には、自分の武器やコンテンツを求めている方は、

たくさんいらっしゃいます。

 

 

私もその方に向かって情報は発信し続けます。

自分の好きな分野だとそれが楽しいから続くんですよね(^^)

 

 

さて、今日は図書館にでも行って読書をしよう。

 

追伸

ポケモンGOのやりすぎには注意。

前を向かないとマジで事故を起こします(^^;)