スポンサーリンク

過去の実績は全て捨てる。時代の変化に対応するのは、過去の実績に依存しない考え方が必要

 

 

今日は、嫁のごり押し、

日本橋の「天ぷら飯」に行ってきた。

 

f:id:kitaku6741:20160726012057j:plain

 

 

 

あなごの天ぷらはマジでうまし!!

レポーターとしてはめちゃくちゃ下手くそですけど、

衣のサクサク感とアナゴのプリプリ感のコラボが合いました!

 

f:id:kitaku6741:20160726012122j:plain

 

 

行きつけの店候補に2位に入りました!

嫁に感謝感謝。

 

 

 

さて、今日のネタですが、

「過去の実績など捨てる」というテーマです。

 

 

これは、なぜかというと、

過去の実績など、時代の著しい変化により陳腐化していき、使い物にならないからです。

 

仕事の例で言うと

昔は通用した技術・ノウハウが自分にあったとしても、新しいことを始める企業にとっては、全く興味がありません。というか必要としません。

 

現に新しいことを始めない企業、もしくは起業家じゃないと、今の時代は生き残れません。

 

なぜなら、今の消費者の目には、思った以上に非常に厳しい判断基準を持っているから、やすやすと買ってくれません。新しいものにすぐに目移りします。

 

ここ数年で、携帯のスマホの普及率は半端ないです。ガラ系を持っている人はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

 

そのうち

 

「スマホなんて昔あったなー」

 

という時代になるのではないでしょうか・・

 

なので時代に対応して考え方・物の見方というのを変えなければならない。

 

 

だけど、人の9割以上は、過去の実績というものを捨てることがこりゃまた難しかったりします。

 

理由は、

・プライド

・これまでの苦労・経験

 

これがほとんどでしょう。気持ちは分からんでもないですけど、過去での成功例を人に話したがるのが人間の特徴の一つなんですね。

 そうでない人ももちろんいらっしゃいます。

 

私からすると

 

 

「で、今は?」

 

 

て、なっちゃうんですよね(^^;)

 

 

こんなことを書いている私も捨てきれない部分はあるのですが、自分に言い聞かすためにもこのブログを書いています。

 

 

今の時代の変化に対応する考え方、マインドについて書かれている、まさにビンゴだなって思った本が、これです。

 

20年間麻雀無敗の男、桜井章一著者の「手放す技術」

f:id:kitaku6741:20160726013228j:plain

 

私が麻雀を好きになったきっかけの、裏打ちのプロ雀鬼です。

毎回、数千万を掛けて命がけで打つという桜井氏は、物欲、金欲

欲望など一切なく、

 

「ただ強い奴と打ってみたい」

 

それだけでした。

 

 

得たものはすぐに捨てて、また新しいものを手に入れては捨てる。

この繰り返しで、桜井氏の芯の強さは鍛えられ、どんな状況でも通用できる

マインドを持ったと言われています。

 

単純に男として考え方がかっこいいのです!!

 

興味ある方はぜひ、一読してみてください(^^)